エンゲル係数

エンゲル係数は、月々の支出の中での食費の割合を、係数として表しているものです。
エンゲル係数は、数十年前からのデータを調べてみると、年々減っていく傾向です。

その理由は、生活が豊かになり食費以外のことに多くのお金を使うようになったから、ということです。

食に関してお金を多く使った時には、エンゲル係数は上がります。
例えば、食材や調味料を選ぶ時。

原材料にこだわり昔ながらの自然な製法で作られたものは、それ相応の対価を払わなければ買えません。
生活が豊かになり、食にこだわる人が多くなりました。

フェアトレードにも関心が寄せられています。
このような食に関しての支出が増えれば、再びエンゲル係数が上がることになるのかもしれません。

時は流れて、エンジェル係数という言葉も出てきました。
これは、一世帯の一ヶ月の家計において、子どもの学校や塾の授業料を始めとする学習系コスト、ならびに衣食住や病院そしてレジャーから、与える小遣いだけでなく将来のための学費の貯金等の投資、子供用の保険などの総費用の割合です。

子どもに夢を託す親はいるものですが、それは、予め敷かれたレールに乗せているだけではないかと思います。
親の心子知らずで、ひとりの人間としてサポートするべきではないでしょうかね。
エンジェル係数の増大している家庭が、必ずしも、子どもの自立に役立つとは限らないのです。

«
»