保険の機能

保険は経済補償、資金融通と社会管理という三つの機能があります。
この三つの機能はつながっています。

当然、学校では教えてくれないことですので、知らない人も多いものでしょう。

経済補償は基本的な機能で、保険が立てる基礎として、保険業の特質と核心競争力を表します。
これは保険業と他の業種をハッキリ区別する特徴です。

資金融通機能は経済補償の基礎で発展されました。
社会管理機能は、保険業が一定的な程度に発展された社会生活の各方面に深く入ったことにより、現れた大切な機能です。

経済補償と資金融通機能が実現できた後にその働きが実現できます。
保険の社会管理機能は社会中の各部門を調節やコントロールします。

目的は各システムや各部門の機能を正常的に動かして、社会関係を調和して、社会の良性的な運行を実現します。
社会管理は社会保障管理と社会リスク管理、社会関係管理、社会信用管理四つの面を含めます。

保険と言えば、せいぜい生命保険や自動車保険を思い浮かべるでしょうが、商品数はかなり多く、プロでも全商品を掌握することは難しいでしょう。
営業担当の方が、あまりにも自社商品が多過ぎて、全てを扱えないというウワサもあるそうですからね。

そもそも保険と聞くだけで、ウチは関係ないとか、触れたくないものランキングで上位になるほど、厄介者と言いますか面倒なものという印象が植え付けられています。
これは昔からの保険の営業方法が、多少、強引なものであったからではないでしょうかね。

«
»