災害ハザードマップ

各都道府県や市町村では、災害ハザードマップなどといった防災用の地図が用意されており、ホームページ等で公開されています。

更新されているかもしれませんので、年に一度は見ておいて損は無いと思いますね。

居住区の地図上に、学校や病院といった施設や、いざとなったら避難場所として使える公園などが記されています。
基本的に小学校の校区で割り振りされているので、今住んでいる場所がどの校区なのかを把握し、地図上で避難場所などを確認しておくとよいでしょう。

避難場所には種類があり、一時的に避難する「一時避難所」や、地震や津波などによって自宅で生活できない人たちを収容する「収容避難場所」などがあります。

また、その地図を使って自然災害が起きた場合の避難するルートなどを決めて家族で共有しておきましょう。
地震や津波だけでなく、大雨での浸水の可能性がある地区に住んでいる場合は、浸水した場合の避難ルートも前もって決めておいた方があわてずに済みます。

それと、今住んでいる場所が海抜何メートルにあたるのかを表示してくれるサイトなども、津波の心配がある人にはアクセスしてみると良いですね。
大津波は今後無いとも限らないですし、地震大国ニッポンですから、備えあれば憂いなしです。

ただ、町内会への入会に「地震や津波の後の助け合い」を引き合いに出してくるのは、いかがなものかと思います。
入会していない世帯はシカトしますよ、と言っているようなものですからね。

石垣島ダイビング
安全ダイビングは石垣島のダイバーショップ
ゲストの目的・経験本数によりチームを分けを行い1チーム2~4名様の少人数で潜ります
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»