公立学校

公立学校は政府や地方公共団体が金を支給して成立した学校です。
一般的に、どの国でも公立学校は数量が多くて、規模が大きくて、費用が低くて、教学施設も完備の代名詞だと思います。

それに、進学率が私立学校より高いです。
公立学校はこれらの長所を持っていますから、申請入学の学生もたくさんいます。
公立学校の申請は複雑ではありませんが、入学するには厳しいです。

日本では、幼稚園から大学まで公立学校があります。
幼稚園は市町村教育委員会で管理される場合が多いです。

小学校、中学校、高校と大学は区立学校、市立学校、県立学校と国立学校などがあります。
学生は一日に学校で過ごす時間が家より多いから、家庭や子供自身にとって、学校は重要な場所です。

ただ、私の地元では、公立学校は良くて私立学校はダメだという風潮がありました。
特に、高校では、その傾向が酷かったように思います。

理由としては、公立学校受験で失敗した連中が入学するのが私立高校であるという、誤認識が一般化していたんですよね。
単なる日程だけの問題なのですが・・・。

私立高校入試が公立高校入試よりも早く、結果として、私立高校が滑り止め的な印象を与えたのでしょうか。
偏差値が最重要視されていた時代でもありましたが、例え、私立高校の方が偏差値の水準が高くても、公立高校のブランドには適わなかったのです。

今考えると、非常に視野の狭い見方ですよね。
国産車が良くて外国車がダメと言ってるようなものですが、輸入車の車検予約サイトなどを見てみると、近年はユーザーも増加傾向のようです。

«
»