激安リフォームを発見

今朝の新聞の折り込み広告で激安リフォームを発見しました。
うちも築15年になり、水まわりに外構とフローリングをリフォームしたかったのです。

しかし、ここまでの大がかりなリフォームとなると費用もかかりますから、毎日広告は隅々までチェックしていました。
この会社は他社と比べて安いのが魅力です。

電話を早速かけましたが、電話がなかなかつながらないのです。
やっとつながったのは夜でした。
これでつながらなかったら、さすがの私もあきらめるつもりでした。

電話で話して決まったことは、施工業者の担当者が見積りをとるために一度うちに来る日程です。
仮に契約をしてもあまりの受注の多さに工事の着工はかなり先になりそうです。

広告を見た限りでは使っている資材メも名の知れたメーカーの物ですし、あとは技術面の確認をしなければ不安です。
施工例を見せてもらえるようにお願いしたので、安さだけに飛びつかずしっかり吟味して決めたいと思います。

さて、消費者には様々な傾向があります。
いち早く流行を掴んで、真っ先に手に入れたい人、その後を追ってバンバンと口コミを格さんさせる人、周りの情報に扇動されて必要性も考えずに手に入れる人、本当に欲しい時だけ手を出す人、無関心な人。

あなたはどれに属しますか。
無関心を続ける事は不可能ではありますが、必要なものがわかっている人は、新しいとか機能が豊富などといった表面的なことを理由にすることは、まずないものです。

«
»