カタログ製作も山場です

私はキッズ用品のカタログ製作に携わっています。
服飾関係のメーカーなのですが、今回初めてキッズ用品への進出を発表しました。
我が社の2年ぶりの新商品の発売とあって、全社一丸となって動いています。

広報部の私はカタログ製作を担当しています。
キッズ用品の後には、マタニティ用品にマタニティウエアやマタニティ下着、それにマタニティグッツとブランド展開していく予定です。
第一弾として需要の高いキッズ用品がまず発売します。

カタログ撮影用のモデルが最後までなかなか決まらず困りました。
今はどうにかカタログ撮影も終了し、デザインに入っています。

チェックの段階で一度セミプレゼン会議をします。
修正もなく次の段階に進みたいのですが、修正は覚悟の上です。

その後、校正作業をして、いよいよ本プレゼン会議です。
今回は仕事にかなり集中でき、トラブル無しで進んでいるので、このまま完成へ向かって頑張ります。

ただ、最近はカタログ請求の部数が落ちているので、正直、カタログにかけるコスト自体が無駄なのではと思うようになりました。
WEBマーケティングに参入する空気は全く無く、逆に、WEBは邪道だという古株連中の考え方が残念です。

そうこうしているうちにライバル企業はWEBマーケティングに参入して成果が出ているのですが、見て見ぬふりで、そのうち終わるなんて平気で言ってます。
こんな経営層にはビジョンは見えてこないですね。

楽しく外回り
勤怠管理に欠かせないツール
従業員がシフト勤務の事業所ならば導入して損はない勤怠管理システムがコチラ。シフト組み作業もラクラク。
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«
»