日本への第一印象

正直に言うと、日本への第一印象はあまりよくないです。
日本に来る前に、世界第二の経済大国で、先端の電子技術を持っている国で、現代化のイメージでした。
しかも行き先は東京なので、世界でも有名な大都市でしょう。

当時成田空港を出たら、もう夜10時過ぎになりました。
日本語学校の先生が迎えに来ました。
その後車で寮に向かいます。

寮に着いたら深夜の12時ぐらいです。
外から見ればきれいですが、中に入ったら、木造建てでした。
足を踏んだら音も出るぐらいで、重い人なら壊れそうな感じでした。

しかもライトも暗い黄色で、左右揺れていました。
「ここは日本?!東京?!」と信じられませんでした。

そんなにお金を払って、こんな場所に来て、もしかして騙されたかと思いました。
明日帰ろうとも思いました。

後ほどほかの先輩たちの姿を見たら、他人も生活できるのに、自分はできないわけがないでしょうと考え、安心して日本の生活を始めました。
これが留学生の正直な日本の印象なんですよね。

そもそも第一印象は、あくまでも付き合いのきっかけに過ぎないものです。
それよりも、予めあれこれと想定することによって、その時点で既に印象付けられていると言っても過言ではないのです。

想定の範囲内であれば安心であり、想定外だと驚きや裏切りなど、大きく感情を揺さぶられるのが人間というものです。
その事前の想定と現実のギャップが、サプライズと感じてくれると良いのですが、嫌悪になってしまうこともあるわけです。

印象って大事ですね。

女性も活躍できる会社で
人材流出に歯止めをかける勤怠管理
無駄な作業や強制的な残業、休日申請処理も雑な企業は人材流出が決定的。残業・休日の申請と承認はスムーズに。
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«