足場がせますぎた人生初の夜行バス

夜行バスを利用される際にまず注目すべき点は値段だと思います。やはり値段が高くなっていけばそれなりに快適に過ごせると思います。安ければ安いほど何かしら不便な点が多くなって行くと思います。運転も問題なく、アナウンスや休憩などは良かったです。しかし、カーテンを開けることが禁止されていて夜の景色を見ることができなかったのが残念でした。持ち物としてお菓子やジュースなどは持って行くべきだと思います。あとはイヤホンやモバイルバッテリーなど電子機器も必需品です。イヤホンは音楽を聴くためでもあり周りのお客様の寝言やいびき対策にも役立ちます。あとは何かしらお尻に引くタオルなどがあれば長時間の旅でもお尻を傷めずに過ごすことができます。休憩所がたくさんあるのが少し厄介だと思います。もう少し少なければ到着時刻も早くなるのになぁと思いました。問題は、足が伸ばせないことです。伸ばせないといえば少し誇張気味になりますが本当にそれぐらい窮屈でした。なので、少し抵抗心を持つことでなんとか解決できます。私は前の席の人がかなり深く背もたれを下げてきたので足の力で押しもどすように抵抗しました。また狭いので足を組むのも一苦労します。

«
»