和式と洋式のトイレ

小さい頃、ずっと洋式のトイレを使っていました。
大体15年ぐらい前、初めて洋式の便座を使いました。
使いづらいと思いました。

当時友達の家に遊びに行きました。
トイレに行く時洋式の便座を見ました。
使用後、水流れのボタンが壊れたかもしれませんが、隣に事前に用意している水を使いました。

流そうとしましたが、大量の水でないと、なかなか流せませんでした。
和式でしたら、そんなに水が要らないでしょうと思いました。

また、長期間利用の場合、和式でしたら足がつらくなるので、洋式のほうが楽だと思います。
ただ洋式に慣れていない人にとって、洋式のほうがなかなか出にくい感じもしますので、やはり和式のほうがいいと思う人もたくさんいます。

しかし、ここで別の事を考えてしまいました。
我々人間の目の前に深刻な現実があります。採掘しすぎるせいで、資源は枯渇しています。

この状況が改善されなくて、このまま続いたら、私たちの子孫に生活必要な資源を残さなく、人間は恐竜のように滅亡になる可能性もあるでしょう。

水資源を例として言えば、今は水を節約しないと、あなたが見える最後の水は自分の涙だという言葉があるでしょう。
実は水資源を節約することは難しいことではないと思います。
日常生活に気をつければ、水資源を節約する事業に大きな力が出せると思います。

たとえば、朝起きた後顔を洗う水や服を洗った水を残して、トイレを使った後この水で流します。
野菜やお米を洗う水で家に植えた植物に水をやります。
これらのことは小さいですが、誰でもこのようにすれば、世界に毎年大量の水資源を節約できると思います。

清潔な環境が自慢の食肉卸
独自の品質システムを確立し新鮮な食肉の提供をし続ける東京の食肉卸業者
meat-kimura.co.jp/

«
»