ゆかたの合う季節に

近頃は仕立て上がりの浴衣が手ごろな価格で出回っているせいか、花火大会などの会場では、浴衣姿の若い人たちが多く見かけられるようになりました。
浴衣の柄も、古典柄とは違った、華やかなものが目立ちます。

帯結びや半襟にレースがあしらってあったり、髪飾りは大きな花だったりと、以前には見られなかったものも定番となりましたが、着丈がひざ上ほどの短いものには、さすがに驚かされます。

浴衣の楽しみ方も多様になりましたが、なんにしても、着くずれだけは注意したいものです。
襟元がだらしないと、せっかくの浴衣姿が様になりません。

みっともない上、暑苦しく感じることもあります。
着くずれしないためのポイントは、襟元をしっかり交差させることです。
和装用の下着をつけるなど、下着にも気を配るとよいでしょう。

特に、高校生や大学生は、若干、ファッションを意識しているのか、完全に着くずれしている子もおり、はっきり言って見ているこちらが暑くなります。
もう少し大人の女性になると、ピシッと着こなしていて、髪もアップに決めて非常に凛とした姿勢で、あちらの言葉で言うところの「クール」です。

クール美人を目指して、ゆかたを着こなしたいところですが、親は何も言わないのでしょうね。
親が、そうしたファッションに感化されていれば、当然、子にも伝染します。
お里が知れるような事は、したくないものですよね。

水着を買おうと思っている件

今年こそは水着を買おう。
そう思って3年が過ぎた。
私はこの3年、一度も水に漬かっていない。
当たり前だが風呂は別だ。
一応名誉の為、断っておこう。
ちなみに、最後に水に漬かったのは高校の水泳授業だ。
そしてまたちなみに、温泉はカウントしない。

着られるうちに着ておかないと水着が着られなくなる。
そういう話はよく聞くが、全くその通りであると思う。
水着を買わない限りは海にもプールにも行かないのだ。
現に、高校以来水着を買っていないから、もちろん該当の場所へ行っていない。
これはもったいないと、最近にわかにあせっている。
もう少ししたらきっと体型も変わっていき、今よりもっと水着を着にくくなるだろう。
そうなる前にひとつ、水着の思い出を作るべきではないか。
そう思って、私はグアムに行こうと思っている。
本当はハワイと言いたいところだが、金銭的にやや心細いので、似て非なる場所グアムにしておくのである。
友人と、ちょっと貯めれば行ける、ということで企画をしている。
来年までに貯めて行こう。
そういうことになった。
だから、私はその前についに水着を買わねばならないのである。
もうじき夏本番になるゆえ、水着が多く売り出されるのも間近である。
きっと買ってしまえば、夏もいろいろ出かけることであろう。
ちなみに、グアムの企画を立てたのは去年である。
去年の段階での来年ということは、つまりは行くべき年は今年なのである。
果たして友人は覚えているだろうか、そして貯金はたまったであろうか。
私はと言うと、まったく貯まっていないのである。
水着ははやくもあやうくなってきた。

夏の浜辺のなごむ風景
夏は石垣島のダイビングポイント
マンタウォッチングやサンゴの鑑賞などスタッフが絶好のタイミングで誘導します
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«