東京の自然状況

東京は日本の首都です。
東西約90キ口メ—トル、南北约25キ口メ—トルの細長い形をしています。

また、伊豆諸島や、陸地から千キ口メ—トル以上も離れた小笠原諸島なども、東京に属します。

東京は西側から山地になっていて、そこから東側の海まで低くなる坂のような地形になっています。
東側にある江戸川、荒川などの河口は川が運んできた土や砂が積もったり、海を埋め立てたりしてきた低地で、下町と呼ばれています。

特に、荒川と隅田川にはさまれた部分には0メ—トル地带と呼ばれる海抜の低いところもあります。
東京には水害や地震による津波などの危険にさらされています。

下町に対して、その西側より少し高くなっているところは山の手と呼ばれています。
東京の平均気温は十五度ぐらいですが、1月と2月は大変寒くなって、零度以下になる時もあります。

6月中旬から7月中旬までは梅雨の季節で、9月、10月ごろの台風シ—ズンによく雨が降ります。
また1月、2月ごろは雪の季節になります。
東京には西の山地と東の低地の気温が違って、一般的には東の方は西より気温が高いです。

こうして東京及び関東の気候など自然の動向を追いかけてみると、魅力はありますよね。
上京という言葉がぴったりだなと感じますが、人口の多さと都市部の映像を見ているだけで、辟易する人もいるようですね。

他人には無関心な人間が集まる場所と考えると、ちょっと怖い気もします。
東京のカジノ建設の話しはどうなってるんでしょうね?

«
»