著作権

良く耳にする著作権は主に知的財産権のことですが、実は知的財産権は、人格権と著作財産権、二種類に分かれます。
人格権は公開発表権、姓名表示権などを含めます。

著作財産権は形がない財産権で、人類の智慧を基にする権利です。
著作権が保護するのは思想や考え方を表したもので、人の思想や考え方ではありません。

なぜなら、著作財産権などの個人的な財産権利を守る一方、人類文明の発展と知識の伝授もさせなければなりません。
ですから、数学方法や技術、機械の設計などは著作権の保護対象ではありません。

本、歌、映画、絵、写真などは保護対象になります。
初めの頃に、著作権は版権だと呼ばれていましたが、19世紀になって、著作権という呼び方が流行し始めました。

日本では、これまでは著作権に対しては、専門知識を有する人のカテゴリーと捉えられていたと思います。
ところがインターネットの普及とともに、コンテンツ盗用などの問題がきっかけで、著作権について敏感になってきたことは、喜ばしいことではないでしょうか。

法令順守の観点から、著作権に関しての知識を持って、インターネット上でコンテンツを公開することは、品質の良いコンテンツの生産に結びつくものと思いますね。
その他にも、様々な権利関係が存在しますが、学校では教わらないことを学ぶことは重要です。

石垣島ダイビング
石垣島ダイビングのポイント
石垣島川平周辺のダイビングポイントまでは5~25分で到着
www.blue-water-divers.jp/

»