看護資格試験

平和の時代に一番可愛い職業は何でしょうか?
私はナースだと思います。
ナースと言ったら、大体20代前後の若い女性のイメージでしょう。

彼女たちは自分の青春と優しい心で、看護される必要がある人間に援助の手を出して、春のような暖かさを与えます。
都市中心のビルには看護師トレーニングセンターがあります。

最近看護資格試験があるそうで、階上のトレーニングセンターが忙しくなりました。
試験を準備するためにトレーニングを受ける若い女性がたくさんいます。

毎日退勤する時にエレベーターに人込みになりました。
みんな手元に本を持っていて、医学知識と看護知識について討論して、お互いに試験について元気づけて、関係も親しくなりました。
彼女たちの若い顔を見て、心から彼女たちが合格できるように祈ります。

しかし相変わらず看護師の職場環境は、あまり良いイメージを持たれていません。
職業イメージと現実がかけ離れ過ぎているために、志願者は多くても、途中で挫折したり、実社会で勤務の過酷さからリタイアしてしまう人もかなり多いようです。

看護師は医師の指示の元で行動するわけですが、院内の人間関係にも疲れてしまうケースも多いと聞きます。
それだと真に患者さんのためにという余裕も無くなりますよね。
加えて傍若無人な患者とその家族への対応に疲れ果ててしまうのは、医師や病院の運営にも支障をきたすこともあるそうです。

医療サービスの充実は受ける側のモラルの向上とともに実現するものですよね。

«
»